ホームページからのご依頼で、三島市幸原にて、ケーブルテレビ解約に伴うアンテナ工事に伺いました。

お客様のご希望は、地デジに関してはデザインアンテナ取付でしたが、平地の分譲地と言う事もあり、壁面では受信不可でした。

ただ、屋根上ならそれほど高くアンテナを建てなくても十分な数値で受信可能でしたので、サイドベースにて屋根上にアンテナを取り付ける事となりました。

屋根裏部屋の窓?の外側にアンテナ取付用のサイドベースと言う金具を取り付けます。

いつものように、ステンレスのビスでガッチリ取り付け、コーキングで防水処理を行っております。

取り付ける前に屋根裏に入り、取付位置の確認をしたところ、しっかりとした木材の下地が入っておりましたので、がっちりと取り付いております。

レベルチェッカー(電波測定器)にて、地デジ電波を測定しながらアンテナを取り付けます。

電波強度、電波品質とも問題なしです。

BSの方も、同じくレベルチェッカーにて測定。画像は電波品質のみ表示しておりますが、電波強度も問題なしの数値でした。

6分配しておりますので、地デジ・BS/CS混合ブースターにて電波を増幅しながら混合させます。

いつものように屋外では防水型コネクターを使用して、少しでも雨水によるショートのリスクを減らします。

引き込み線までは、屋根板金沿いに専用のクリップでアンテナケーブルを固定しながら配線します。

引き込み線に接続して、屋外でのアンテナ取付作業は完了。

引き込み線に繋げるのが梯子が垂直状態でしたので、かなりの恐怖感でした(涙)

三島市地デジアンテナBSアンテナ取付工事

シンプルにアンテナが取り付け出来たと思います。

アンテナマスト(アンテナを取り付けてある棒金具)の先端には雨水が入らないようマストキャップを取り付け、錆びやすい部分には錆び止め塗装をしてありますので、多少なりともアンテナ設備の寿命が長くなるように心掛けております。

天井裏にブースター電源部を取り付け。ケーブルテレビ用のブースターは付いておりませんでした。

流石に6分配器が付いておりますので、ケーブルテレビ用ブースターが無かったと言う事は、電波強度不足でたまにテレビが映らなかったことがあったと思います。

その事をお客様に尋ねたところ、やはりたまにテレビが映らない時があったようです。

 

今度はそのような事はないでしょう!!