ホームページからのご依頼で、小山町用沢までご新築に伴うアンテナ取付工事に伺いました。

 

お客様のご希望は、地デジに関しては平面アンテナ取付でしたが、電波状況がイマイチ良くなく、平面アンテナでは受信不可でした。

そこで屋根に登って受信調査を行いましたが、屋根上でもイマイチの数値(涙)。それでも丹念に調査した所、何とかピンポイントで受信可能な場所を発見。

お客様と相談して、デザインアンテナは諦めて頂き、高性能な八木式アンテナ(魚の骨のようなアンテナ)を設置する事となりました。

まずは地上にて、アンテナを組み立てます。マスト(棒状に金具)先端には、雨水対策のマストキャップを取り付け、錆びやすい部分には、錆び止め塗装を施し、少しでもアンテナ設備の寿命を長引かせます。

錆び止め塗装が乾く間に、屋根に登ってサイドベースを取り付けます。いつものようにステンレスのビスでガッチリ取り付け、コーキングで防水処理を施します。

取り付けたアンテナは、当店標準アンテナよりワンランク高性能なオプションアンテナを取り付けました。

画像は取り忘れましたが、電波強度は45~50dBμV、電波品質はエラーフリーです。

テスト用のアンテナより数段レベルアップしておりますが、お客様のご希望もあり、受信できるギリギリの高さまで低くしました。

BS/CSアンテナも取り付け。こちらは目立たぬよう、サイドベースに直接取り付けました。これなら地上からはBS/CSアンテナは全く見えません!!

BSは受信には全く問題なしです!!

地デジ、BS/CS混合ブースターで地デジ・BS/CSの電波を混合・増幅します。

いつものように屋外では防水型コネクターを使用します。

地デジ、BS/CSアンテナ取付完了です。

念のため、アンテナマストは切断せず、万が一受信障害が起きた場合、簡単に高さを変えられるようにしておきました。

小山町地デジアンテナBSアンテナ取付工事

配線を整えて、屋根上での作業は完了です。

雨樋沿いにアンテナケーブルを配線し、引き込み線と接続。防水コネクターで接続し、防水テープでぐるぐる巻きの防水です。

1階ユニットバス上にブースター電源部を取り付けて、アンテナ工事完了!!

すべてのテレビ端子で確認し、テレビのチャンネル設定をして完了です。

 

お客様のご希望通りには行きませんでしたが、屋根の内側にアンテナを取り付けたので、思ったほど目立たなくアンテナを取り付け出来ましたので、お客様にもご納得頂けて何よりでした。

 

この度は、誠にありがとうございました。