ホームページからのご依頼で、三島市長伏までケーブルテレビ解約に伴うアンテナ設置工事に伺いました。

お客様宅は新日本住建様の建物で、築3年程度のほぼ新築物件です。

お客様のご希望は、地デジは平面アンテナ。プラス4K8K対応BSアンテナの設置です。早速受信調査を行いましたが、平面アンテナでも受信可能な物の、受信できる場所が引き込み線からかなり離れてしまうため、どうしても配線が目立ってしまいます。

お客様のご希望で、配線が目立つのは極力避けたいとの事でしたので、比較的引き込み線に近い場所に、ボックス型デザインアンテナにて、地デジ・BSアンテナとも同じ金具に取り付けるご提案をしたところ、OKを頂きましたので、その方向で進めさせていただきました。

 

三島市長伏アンテナ工事

まずは金具の取り付けから・・・・長めのサイドベースを壁面に取り付け。いつものようにステンレスのビスでがっちり取り付け、コーキングで止水処理を施してあります。

三島市長伏アンテナ工事

地上にてアンテナを組み上げます。マスト(棒状の金具)は長めにしておいて、後でちょうどいい長さに切断します。

アンテナの屋根からの飛び出し具合を見てからマストを切断し、もう一個、下段にサイドベースを取り付けて強度を増します。

三島市長伏アンテナ工事

↑こんな感じでアンテナの設置は完了。

地デジの受信は問題なし!!もちろんBSも問題なしです!!!

三島市長伏アンテナ工事

4K8K対応の混合ブースターを取り付け、出力調整しておきます。いつものように屋外では簡易防水型のF型コネクターを使用しております。

三島市長伏アンテナ工事

アンテナの設置が完了し、ちょっと離れた引き込み線まで目立たないように配線し、接続。

三島市長伏アンテナ工事

これで屋外でのアンテナ設置作業は完了!!さすがに目立たなくとは行きませんでしたが、お客様もご納得なのでOKでしょう!!

三島市長伏アンテナ工事

1階ユニットバス上にブースターの電源装置を設置。6分配器も4K8K対応の物に交換。画像は取り忘れましたが、居間のテレビ端子のみ、同じく4K8K対応のテレビ端子に交換しました。

これであとは4Kチューナー内蔵テレビを購入して頂ければ、4K放送の視聴が可能となります!!!

 

この度は、誠にありがとうございましたm(_ _)m