HPからのご依頼で、沼津市北今沢まで中古住宅購入に伴う地デジアンテナ設置工事に伺いました。

お客様のご希望は平面アンテナです。

念のため、ボックス型等のアンテナも持参して伺いました。

この辺りは平地なので、平面アンテナで受信できるかは?です。

三島中継局方向狙いで壁面で測定しましたが、案の定撃沈

お客様と相談し、南側壁面に通常のアンテナで工事する事に決まりましたが・・・・・

屋根が6寸勾配

引き込み口が北側壁面なので、そこまで引き回しするには屋根上を通る必要があります。
ビビリの私としましては、6寸勾配の屋根に登るのを躊躇してしまったため、
「屋根裏を通して配線してはダメですか?」
っと聞いたところ・・・・

「屋根裏はほとんど屋根裏部屋になってますよ。」
っとの事。

とりあえず屋根裏部屋を見て見る事に・・・・・・

確かに屋根裏ほとんどが屋根裏部屋です。広いっ

そこでふと閃きました

「試しに屋根裏で電波測定してみましょうか?」

さすが6寸勾配なので、十分な高さがあるので、アンテナを設置してもジャマにはならなそうです。

午前中の工事でU20TMHを使ってしまったので、車の中には標準アンテナのUSL-19Dしかありませんが、
試しに計ってみると・・・・

レベル53前後、CN30、BERエラーフリーです

これならUSL-19Dでも十分設置可能な値なので、屋根裏部屋に地デジアンテナを設置する事になりました!

6寸勾配の屋根に登る必要もないし、ここは海にも近いので、塩害対策にもなります

沼津で、しかも平地で屋根裏設置できるとは、奇跡に近いです。

早速地デジアンテナ設置にかかります。

まずはサイドベースを取り付けます。

取り付けたサイドベースにUSL-19Dを直接取り付けました。

U20TMHでは、長すぎて設置できませんでした。
返って14素子のUSL-19Dで良かったみたいです。ラッキー

問題はここから・・・・・・

何処を探しても分配器が見つかりません

1階ユニットバス点検口内にはありませんでした。

では、2階の何処かに・・・・・

でも、点検口がありません

屋根裏部屋が有る場合、屋根裏部屋の壁面が1箇所ネジ止めになっていて、それを外すと屋根裏に入れる場合が多いのですが、
それすらありません。

唯一ネジ止めになっていた屋根裏部屋折りたたみ梯子の天辺付近の板を外しましたが、分配器はありません。

テレビ端子はすべて端末型なので、送り配線ではないのは確か。
2階テレビ端子から上に向かって配線されているので2階天井裏に分配器があるのは確かなのですが・・・。
(点検口をあける技術がないので・・・・・勉強しなきゃ!)

仕方ないので、壁に穴を開け、北側壁面の引き込み口まで露出配線する事にしました。

画像は撮り忘れましたが、唯一開口したところから天井裏に潜り、壁面に穴を開け、壁面には防水カバーを取り付けました。

こんな感じで同軸を引き回し・・・・・・
ステンサドルとステンビスで同軸を固定。コーキングも盛っておきました。

引き込み線とは防水型F型接栓で接続し、自己融着テープとビニテでグルグル巻きの防水処理をしました。

既存のCATV用ブースターを壁面から外し、すこしでも長持ちするよう、屋根裏部屋に設置しました。

ブースター電源部を居間のテレビ端子に設置。

テレビ端子でレベル60前後、CN30、BERエラーフリーです
電波品質もよく、電波強度もそこそこあったので出力の低いCATVブースターでもOKでした。

CATVブースターを再利用できたので、工事代金も安く済みました。

沼津市中古住宅アンテナ工事

これで、地デジアンテナ屋根裏部屋設置工事完了です

お客様にも喜んでいただき、こちらとしても嬉しい限りです

このたびは、ご用命、誠にありがとうございました