ホームページからのご依頼で、伊豆の国市田京まで、受信障害に伴うアンテナ工事に伺いました。

お客様宅は、アーネストワン様(飯田産業グループ)の新築物件(築1年ほど)ですが、最近、地デジが受信障害を起こしてしますそうです。

早速お伺いしましたが、設置してあったアンテナを見て、一目で受信障害の原因が判りました!!!

屋根の破風板部分に平面アンテナとBSアンテナが付いていました。この辺りは伊豆長岡中継局エリアですが、その電波は矢印のように画像左側から来ています。

画像右側は山があり、そちらから電波が来ているとは思えません。明らかに伊豆長岡波の反射波を受信しています。

念のため屋根に登って測定してみると、やはり反射波受信です。しかもこのCN値(電波品質)=11.3dBでは、テレビ受像は不可能な数値です。

建物西側に伊豆長岡中継局が目視できます!!

なぜ、あえて反射波を狙ったのか???

 

恐らく、このアンテナ工事を行った業者さんは、お客様が平面アンテナをご希望したので、平面アンテナ設置ありきで作業したんでしょうね。

私が思うに、アンテナはあくまでもテレビを見るためのツールでしかありません。見た目も大事かとは思いますが、テレビが映らないのでは、本末転倒です(怒)

 

色々と調べましたが、この平面アンテナを活かすには・・・・・

①BSアンテナを移設して、平面アンテナを電波方向に向ける(あまりお勧めしませんが・・・)
②平面アンテナを移設する

しかありませんが、私個人的には、平面アンテナを屋根上に飛び出して設置するのはどうかと・・・・とてもカッコよいとは思えませんし・・・・・

平面アンテナを移設するにも、壁面では、お隣様と近接しており×・・・結局、他の破風板部分に取り付けするしかありません。

 

そこでお客様に悩んで頂き・・・・・

 

結局、単純に平面アンテナを通常の八木式アンテナ(魚の骨のようなアンテナ)に交換する事となりました。

ある意味、一番現実的で、工事代金もリーズナブルですみます。

 

とりあえず、平面アンテナを取り外しました。

伊豆の国市アンテナ交換工事

でもって、八木式アンテナを取り付け。方向調整して完了です。

もちろん、電波状況は全く問題なし!!!!

 

お客様にも大変喜んでいただけて、こちらとしても嬉しい限りです!!!!