いつもお世話になっている亥太郎建設様からのご紹介で、御殿場市御殿場まで、新築物件でのアンテナ工事に伺いました。

お客様のご希望は、UHFアンテナの新規取り付けと、現在使用しているBS・CSアンテナの移設工事です。

事前に受信調査した結果、受信には問題なし👌

ご新居が、とってもデザイン性の高い素敵なお家ですので、平面アンテナをお勧め致しました。

お客様からもご納得頂けたので、本日のアンテナ工事となりました。

まずは、平面アンテナの金具の設置から!(当然設置前に、再度受信調査しております。)

ステンレスのネジを使用し、コーキングで防水処理しております。

平面アンテナ「UAH810」取り付け完了!!
(逆光で🙏)

外壁は艶のない黒ですが、お客様と相談し、あえてホワイトの平面アンテナを設置しました。

理由は、BSアンテナが白なので、平面アンテナだけ黒にしても意味がないっと・・・・

確かに・・・・・!!!

受信には全く問題なしです👌

こんな感じで平面アンテナ取り付け完了です!!

使用している梯子は「サンノテ」っと言って、2本のアームを出すことができます。
このアームのお陰で、このように、建物の角にも梯子を立てることができます。

しかも、外壁や雨樋を傷つける事もなく、滑り止めの役目もしてくれるので、こちらも安心して工事できる優れものです!!
(お値段は結構高めです・・・・・😓)

今度は、お客様が使用していたBS/CSアンテナに取り掛かります。

お客様はBS/CSアンテナスカパー(旧スカパーe2)を視聴していたそうです。

今回は、すべてのテレビ端子でBSが見れるように、ブースターで地デジと混合します。

接栓はいつものように防水型F型コネクターを使用しました。

理由は、少しでも雨水が入ってしますリスクを減らすためです。

中古のBS/CSアンテナの金具類は、錆びが浮いていたので、亜鉛メッキ塗料で再塗装しておきました。

BS/CSアンテナの取り付け金具も流用。

こちらもステンレスのネジを使用し、コーキングで防水処理しております。

引き込み線は、地デジとBS用の2本出ていましたので、そのまま接続。

混合ブースターは屋内に取り付けます。

受信にもまったく問題ありません!!

これで、一通りアンテナの取り付けが終わりましたので、1階屋根に撒き散らしたサイディングの削りカスをお掃除👌

1階ユニットバス上の点検口内に6分配器とブースター用のコンセントがありましたので、そこに電源部と
混合ブースター増幅部を取り付けましたが・・・・・

あれれ・・・・・??

どこを探しても、「BS用」のアンテナケーブルがありません

もしや??????

工事担当者様に電話で確認したところ、想像していた通り、BS用の同軸は、「CS用(スカパープレミアム)」と勘違いして
1階居間のテレビ端子に直接配線したそうです

お客様の加入しているのは「スカパー」で、BS/CSアンテナで視聴できるタイプ
ですので、地デジと混合する事は可能で、契約すればすべてのテレビで視聴可能です。
(ただし、ご契約はテレビ1台づつですが・・・)

工事担当者さんと、電気屋さんは「スカパープレミアム(旧スカパー)」っと思ってしまったようです。

スカパープレミアムは、専用のアンテナとチューナーが必要で、地デジと混合、そして分配は不可能です。
その為、指定のテレビ端子に直接配線されている事が多いです。

ただし、ユニットバスと居間が近かったので、探せばCS用のケーブルが見つかるかも・・・・

よくよく見たら、目の前を通っていました。

同軸の色が、薄い灰色でしたので、VVFと区別がつかず、判りませんでした😓

そのCS用のケーブルをぶった切り、混合ブースターに接続!!

ブースターの利得調整をし、各テレビ端子とテレビのレベルで数値を確認。

すべてOKです!!

御殿場市新築平面アンテナBSアンテナ

デザイン性の高いお宅でしたが、綺麗にアンテナが取り付けられ、美観も損なわずに済んだと思います😀

休憩時には、差し入れありがとうございます。

本日は、誠にありがとうございました。